Manaslu|Naoki Ishikawa

Manaslu|Naoki Ishikawa

Manaslu|Naoki Ishikawa

On September 30, 2012, Ishikawa successfully climbed Mt. Manaslu (8,163 m), which means “Mountain of the Spirit” in Sanskrit. This exhibition presents the photographs that were taken during that more than one month expedition.
 
manaslu_01

©Naoki Ishikawa

 

“Manaslu (8,163 meters at the peak) is the eighth highest mountain in the world. Situated in the middle of Nepal among the Himalayas, it is fairly well known in Japan because it was first successfully scaled by the Japanese army in 1956. On September 30, 2012, I reached the top of the mountain with camera in hand, and then in the same day, descended to the base camp, completely exhausted. My head and body had turned completely white, but the process of the more than one month long expedition was faithfully stored in the 35 rolls of film that I brought back with me. With this exhibition, the figures of the towering mountains will be condensed into the intimate space of SLANT. I hope that all of you will come and see this special exhibition.”

-Naoki Ishikawa-

 
manaslu_02

©Naoki Ishikawa

 

マナスル(標高8163メートル)は世界で8番目に高い山である。ネパール中央部、ヒマラヤ山脈に位置し、1956年に日本隊が初登頂したことでも知られている。2012年9月30日、ぼくはこの山に中判カメラを携えて登頂し、その日のうちにベースキャンプまで下山して、全ての力を使い果たした。頭も肉体も真っ白になったが、一ヶ月以上におよぶマナスル遠征を共にした35本のフィルムに、その過程は克明に刻み込まれていた。あの高い山の姿と、そこで過ごしたかけがえのない時間が凝縮されている。

-石川直樹-

 
 
石川は2012年9月30日、「精霊の山」というサンスクリット語を語源に持つマナスル(8163メートル)の登頂に成功。本展では、その約1カ月間以上におよぶ遠征で撮影した写真を展示します。
 
 

石川直樹 Manaslu
2012.11.23 (fri)- 2013.2.3 (sun)
12:00~ 19:00
SLANT
石川県金沢市広坂1-2-32 2F
076-225-7746


石川直樹/Naoki Ishikawa
1977年東京都生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』 (赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により 土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。最近では、ヒマラヤの8000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』(SLANT) を4 冊連続刊行中。最新刊に写真集『国東半島』『髪』(青土社)がある。

http://www.straightree.com/
 

EXHIBITION


404