Misunderstanding Focus|Nerhol

Misunderstanding Focus|Nerhol

Misunderstanding Focus|Nerhol

The portraits from “Misunderstanding Focus” were created by taking 200 shots of a single person over a span of 3 minutes. The images are then stacked and carved into to reveal the subtle differences and movement of the subject. The result is a series of a completely new kind of “portrait” – a three-dimensional carving that uses the unconscious movement of the subject to reveal the individuality of the persons themselves.
 

slant-001

slant-003

slant-002

slant-004

 

アイディアを「練る人」田中義久と、アイディアを「彫る人」飯田竜太によるアート・ユニット、Nerhol。何十、何百枚もの紙に緻密なカッティング(彫り)を施し、独特の彫刻作品を生み出す飯田と、観る人に強烈なビジュアル・インパクトを与える田中のふたりが生み出す紙の立体作品は、発表する度に各方面で大きな注目を集めています。

「Portraits」は、3分間にわたって連続撮影した200枚に及ぶポートレート写真を元に、撮影間における人物の微妙なズレや動きで生じた歪みに応じてカッティングを重ねた作品です。被写体の無意識の動きから発生した人物の「個性」を立体的に抽出することで、写真であり彫刻でもある、ジャンルを超えた新たなポートレート作品が生み出されました。

 

Misunderstanding Focus Nerhol

仕様:H297×W210mm /カラー、24 ページ+TEXT
デザイン:田中義久
定価:2,800円+税


ネルホル/Nerhol
2007年にIDEAを練る田中義久とI DEAを掘る(彫る)飯田竜太で結成されたアートユニットです。グラフィックデザインを基軸に活動していた田中と、現代美術を基軸に活動してきた飯田が、 お互いの分野で得たディシプリンを組み込み、新たな基準を提示することを主として活動している。
主な 展覧会に SOURCE(2008 CALM&PUNK GALLERY TOKYO)、Nerhol (2009 Takuro Someya Contemporary Art)、Wabi Savvy(2011 A Satellite Exhibition of Gateway Japan Curated by Torrance Art Museum)Misunderstanding Focus( 2012 limArt gallery )等での展示、Commissionとして手塚治虫作品とのコラボレーション、BOSE、JVC(victor) のNEW MOTION C.I 等に作品を提供。作品集に、「Misunderstanding Focus」、「SOURCE」がある。

http://www.nerhol.com/
 

BOOK


404