Manaslu|Naoki Ishikawa

Manaslu|Naoki Ishikawa

Manaslu|Naoki Ishikawa

Situated in central Nepal, Manaslu is the eighth highest mountain in the world. The name finds its root in Sanskrit, from the word “Manas”, or “spirit”. This book is a collection of photographs that I took during an expedition to Manaslu from August 26 to October 6, 2012, and a record of having reached the 8,163 m peak.
 
slant-111

slant-120

slant-117

slant-118

slant-119
 
「体力も精神力も使い切ってベースキャンプまで戻ると、体の中身が入れ替わるような感覚があった。」(本書より/日本語原文)
 
2012年9月30日、石川直樹はネバール中央部にある世界で8番目に高い山、マナスル(Manaslu)の登頂に成功した。 
自分の体を一回使い果たして、もう一回体を作り直しているような今までにない充足感を体験し、彼はこの遠征を機に、さらにヒマラヤとそこに暮らす人々に魅了されていく。

サンスクリット語で「精霊の山」という意味を持つマナスルは、8,000m峰14座のなかで唯一日本隊が初登頂した山である。
湿った緑の土地から登山がはじまり、約1カ月間以上におよぶ遠征で撮影した写真を収録。 
「ローツェ(Lhotse)」「チョモランマ(Qomolangma) 」に続くヒマラヤ写真集シリーズ第三弾。

 

Manaslu 石川直樹
仕様:H280mm×W300mm
48ページ/ハードカバー
ISBN:978-4-907487-05-8
デザイン:田中貴志
定価:2,800円+税


石川直樹/Naoki Ishikawa
1977年生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表し続けている。『NEWDIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞した。著書に『いま生きているという冒険』(イーストプレス)、『全ての装備を知恵に置き換えること』(集英社)、開高健ノンフィクション賞を受賞した、『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。
http://www.straightree.com/
 

BOOK


404