K2|Naoki Ishikawa

K2|Naoki Ishikawa

K2|Naoki Ishikawa

k2_0001
 
K2,located at the western end of the Himalayas, and the second highest peak in the world (8,611 m, 28251 ft).
 
Naoki Ishikawa reached the summit of Everest at the age of 23, and 10 years later he completed his second climb of the mountain from a different route. He then went on to join expeditions for the other eight-thousander Himalayan peaks, summiting Lhotse, Manaslu, and Makalu, and in the summer of 2015 deciding on Pakistan’s K2 as his final adventure to higher elevations.
 
Together with the difficulty of predicting the climate of an independent peak, its incredibly harsh route makes K2 the most dangerous mountain in the world. This summer’s expedition required acclimatization on the neighboring Broad Peak (8,047 m, 26,400 ft), and waiting daily on the necessary conditions for summiting K2 to fall in to place. However, with each day the avalanches increased, and Ishikawa’s expedition was finally forced to retreat from its plan to summit K2.
 
The new approach from Pakistan different from previous expeditions, the Baltoro Glacier visited twice including during the preliminary inspection, the daily life in the base camp amidst the steep Karakoram mountain range, the night spent in unrelenting anxiety at extreme elevation – each of these events along the journey are thoroughly captured by Ishikawa’s camera in medium format film.
 
“I definitely want to climb this mountain again.” This collection condenses into one book the strong memories that Ishikawa came to feel during his K2 expedition from this summer.
 
Starting on December 5th, 2015, Naoki Ishikawa’s K2 exhibition will be held at the Chanel Nexus Hall in Ginza, Tokyo. We look forward to seeing all of you.
 
k2_0002

k2_0003

k2_0004
 
 
―ヒマラヤ山脈の西端に位置する世界第2位の高峰K2(8611m)。
 
石川直樹は、23歳のときに初めてエベレストに登頂し、10年後には別ルートから二度目の登頂を果たしました。その後もローツェ、マナスル、マカルーをはじめ、ヒマラヤの8000メートル峰へと遠征を重ね、2015年夏、高所への旅の最終地点としてパキスタンのK2を選びました。
 
K2は独立峰であるがゆえに天候の予想が難しく、ルートが厳しいことも相まって、世界で最も危険な山といわれています。今夏の遠征では、隣にあるブロードピーク(8047m)でも順応を行い、K2登頂に向けてさまざまな条件が整うのを待つ日々が続きました。しかし、日を追うごとに雪崩の回数は増え、石川たちの隊はついにK2からの撤退を余儀なくされます。
 
これまでの遠征とは異なるパキスタンからのアプローチ、下見を含め二回訪れたバルトロ氷河、峻険なカラコルムの山々に取り囲まれたベースキャンプでの日々、極度の緊張感に満ちた超高所での一夜、そうした長旅の道程を、石川は中判フィルムカメラによって余すことなく撮影しました。
 
「また必ず登りたい」。石川にさらなる強い思いを抱かせることになった今夏のK2遠征の日々を凝縮した一冊が、本書となります。
 
2015年12月5日(土)より、東京・銀座のシャネル・ネクサスホールにて、石川直樹写真展『K2』が開催されます。あわせてご高覧ください。
 
 

 
写真集
K2 石川直樹
仕様:H280mm×W300mm
78ページ/ハードカバー
ISBN:978-4-907487-08-9
デザイン:田中貴志
定価:3,700円+税
発売日:2015年12月13日
 
《展覧会情報》
『K2』石川 直樹 Naoki Ishikawa Photo Exhibition
会場:シャネル・ネクサス・ホール
東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4階
会期:2015年12月5日(土)~12月27日(日)
時間:12:00~20:00
入場無料、無休
お問い合わせ/シャネル・ネクサス・ホール事務局
03-3779-4001
 


「K2」刊行記念・石川直樹トークイベント
日時:2016年4月8日(金)
開場/18:30 開演/19:00(終了予定/20:00)
会場:金沢21世紀美術館地下「シアター21」
石川県金沢市広坂1-2-1
参加費:前売り1,000円 当日1,500円

●参加方法
メール、またはお電話にてお申し込みください。
メール(info@slant.jp)の場合は、件名を「石川直樹トークイベント」とし、
・お名前
・お電話番号
・参加人数
をお知らせください。
お電話の場合はフェローズ(076-232-3291、11:00~20:00)までお願いいたします。予約が定員に達した場合は受付を終了いたします。参加費は当日、会場にてお支払いください。


石川直樹/Naoki Ishikawa
1977年東京都生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。『NEW DIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞、講談社出版文化賞。『CORONA』(青土社)により 土門拳賞を受賞。著書に、開高健ノンフィクション賞を受賞した『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。また、ヒマラヤの8,000m峰に焦点をあてた写真集シリーズ『Lhotse』『Qomolangma』『Manaslu』『Makalu』(SLANT) を4 冊連続刊行。最新刊に『SAKHALIN』(アマナ)、『潟と里山』(青土社)がある。
http://www.straightree.com
 

BOOK


404