Is the blood still red ? 2011.11.19-20 Exhibition Catalog|Masaru Tatsuki

Is the blood still red ? 2011.11.19-20 Exhibition Catalog|Masaru Tatsuki

Is the blood still red ? 2011.11.19-20 Exhibition Catalog|Masaru Tatsuki

slant-084
 
2011.03.11, 14:46
Today was a day that I’ll never forget.
What can be seen… a scene that rips through the present. What can’t be seen… a fear that can only be measured in numbers. I think more about the questions – what is a photograph? What does it mean to take a picture? But I know. The answer isn’t found in thinking. I can’t take pictures of the images in my head. Best to stay dazed and take them like that. But whatever I stand facing, face it head-on.
2011.11.19
Sore throat, head cold since yesterday. We start hunting. Coming here since 2008, but never seen the group so low. Everyone’s getting older, I guess. Two does. A mother and child? The back leg of the mother gone. While skinning her, milk runs out of her nipples.
2011.11.20
Day 2, clear weather. Sunshine feels warm. One male… a young buck. We talk about March 11th in the truck on the way to the hunting ground. You can feel the difference between those that had people washed away, and those that didn’t. A deer appears 15 or 20 yards away from the beater, but the shooter misses. Everyone feels a little disappointed. I think my head cold might be getting a little better.

From the notebooks of Masaru Tatsuki.

 
 
slant-090

slant-089

slant-088

slant-087

slant-086

slant-085

 

2011.3.11,14:46
この日は、忘れられない日になった。見えるものは、日常の生活を破壊した風景。見えないものは、数値でしか確認できない恐怖。おれは、写真は何であるか、撮ることは何であるか、さらに考えることになった。でも、思う。考えても答えなど出ない。頭で考えたことが写るわけではないから。おろおろしながら、撮ればいい。ただどんな形であれ、おれは正面から向き合いたい。



2011.11.19
昨日から喉が痛み、鼻かぜ。猟が始まる。2008年から参加しているが、活気が一番ない。みんな年をとったかも。2頭のメス。親と子か。親の方は後ろ足欠損。解体の時、お乳が出ていた。



2011.11.20
1日目、天気良し。日なたは暖か。1頭オス、若い。車で猟場にいく時、3月11日の話。流された人、流されなかった人で温度差を感じる。勢子の人が、15mか20mぐらいのところにシカが現れたが、撃ち損じたらしい。ちょっとショックみたいだ。自分、鼻かぜ、多少良くなっているかな。

田附勝のノートより

 
 
田附勝 その血はまだ赤いのか 2011.11.19-20 展覧会図録
仕様:H300×W300mm /カラー、16 ページ、発行部数300部
デザイン:落合慶紀
定価:1,500円+税


田附勝/Masaru Tatsuki
1974年、富山県生まれ。1998年、フリーランスとして活動開始。同年、アート・トラックに出会い、9年間に渡り全国でアート・トラックおよびドライバーの撮影を続け、2007年に写真集『DECOTORA』(リトルモア)を刊行。翌年には、日本「リトルモア地下」、米国「TAI Gallery」にて同タイトルの個展を開催した。2011年に刊行した写真集『東北』(リトルモア)は、2006年から東北地方に通い、撮り続けた。現在もライフワークとして東北の地を訪れ、人と語らい、自然を敬いながら、シャッターを切り続けている。2012年、第37回 (2011年度) 木村伊兵衛写真賞を受賞。
http://tatsukimasaru.com/is-the-blood-still-red/
 

BOOK


404